ダイエット外来

ダイエット痩身

「ダイエット」は、体重減少を意味し、「痩身」は美容を目的として痩せることを意味します。当院のダイエット外来では、単にダイエットするだけでなく「美しく安全に健康的に痩せる」ことを目的としています。
メディカルダイエットは医薬品を使用するため、副作用が皆無というわけではありません。当院では、安全性にも十分配慮したダイエット治療をご提供させていただきます。

さらに、当院では、美容外科医による最も効果的な部分痩身施術を受けていただくことができます。脂肪溶解注射、脂肪吸引などです。
美と健康の両面から、一人ひとりが本来もつ美しいボディへ導くサポートをさせていただきたいと思います。


ダイエットにおける食事療法を、強力にサポートしてくれるのがGLP-1ダイエットです。「1回の食事で食べ過ぎない」「間食をしないようにする」といったダイエットの基本である食習慣の改善を、サポートしてくれます。

GLP-1はグルカゴン様ペプチド-1 (GLP-1)の略で、GLP-1受容体作動薬は、脳細胞のGLP-1受容体に作用して、食欲を抑える作用があります。

食欲が抑制されると、少量の食事でも満腹感が高まり、空腹感が低下することにより、体重を減少させます。そのため、食欲を我慢しなければならないダイエットの苦痛やストレスから解放され、食事を楽しみながらダイエットすることが可能となります。

ダイエットは、食事療法・運動療法が最も重要です。ダイエットを効果的に行うためには、日々の食事や運動の癖を把握する必要があります。ご希望の方には、日々の食事や運動・体重の記録をとっていただき(レコーディング)、1〜3ヶ月に1回の受診時に、担当医よりアドバイスを行わせていただきます。

こんな方におすすめ

GLP-1ダイエットは、食欲を抑える治療法なので、次のような方にぴったりです。

  • つい食べ過ぎてしまう
  • 食べてはいけないと分かっているけど間食が辞められない
  • 食べる量を減らすと、ストレスがたまる
  • 普通のダイエットでは、体重が落ちにくくなってきた
  • 最近家でゴロゴロしがち、運動量が減った

このような悩みを抱えている方は、とても多いと思います。
当院では、患者様が安心安全にダイエットを受けられるサポート体制を構築し、GLP-1ダイエットをご提供いたします。

GLP-1受容体作動薬には、GLP-1の注射薬であるサクセンダと、経口薬であるリベルサスがあります。リベルサスは、日本で承認されている唯一のGLP-1受容体作動薬の経口薬(飲み薬)です。飲み薬であるため、患者様の痛みや精神的負担が減り、これまで注射によるダイエットには抵抗のあった方にも、価値ある治療選択肢となりました。

当院では、このリベルサス(飲み薬)を中心としたダイエット治療を、医師の適切な管理のもとに、行います。ダイエットの基本である食事療法・運動療法に、リベルサス・漢方・ダイエット点滴などを併用しダイエット効果を最大限引き出します。
 
当院では、リベルサスの初回処方には、安全性に配慮して医師の対面診察と血液検査を必須としています。2回目以降の処方では、副作用など問題がなければ、オンライン診療でお薬をご自宅へ発送することも可能となります。待ち時間や移動時間を節約して、効率的にダイエットを継続することができますので、ぜひ当院のダイエット外来をご利用ください。

※リベルサスは国内では2型糖尿病治療薬として厚生労働省に承認されており安全性が確立されています。一方、肥満治療薬としては、FDA(アメリカ食品医薬品局)やEMA(ヨーロッパ医薬品庁)では承認されていますが、国内では未承認となっております。その旨をご留意の上、ご使用いただきますようお願いいたします。

リベルサスダイエットの特徴

・ストレスなく食事を制限できる
・経口薬であるためストレスなく治療を継続できる
・太りにくい体質へと改善できる
・食の嗜好が変化する (甘くて高脂肪のものの摂取が減る)

リベルサスの服用方法

<服用方法>

1日のうちの最初の食事・飲水の前に、空腹の状態で、コップ約半分の水(約120mL以下)でリベルサス1錠を服用してください。

<服用上のポイント>

最初の食事・飲水の前に服用する必要があるため、洗面所など朝起きて最初に目に付くところにリベルサス錠を置いておくのが良いでしょう。

<服用上の注意点>

①お茶、コーヒーなどでの服用はせず、錠剤を割ったり、砕いたり、噛んだりせずに、丸ごと飲み込んでください。
②服用後少なくとも30分は、飲食及び他の薬剤の経口摂取を避けてください。

<リベルサス投与量>

リベルサス錠3㎎で治療を開始し、4週間継続します。
食欲が止まらなければ、リベルサス錠7㎎へ増量します。
食欲が止まっていれば、その量を維持量として継続します。

<起こりえる副作用・偶発症>

頭痛・めまい・吐き気・嘔吐・下痢・胃腸障害・低血糖・急性腎不全・脱水症・アナフィラキシーショック・腸閉塞・うつなどの副作用が出ることがあります。様々な副作用のうち、特に吐き気を訴えられる方が多いです。
副作用は継続的に投与する事で症状が軽減していくことが、ほとんどですが、副作用発生時は医療機関を受診の上、担当医へご相談ください。

<禁忌(以下に当てはまる方は服用できません)>

2ヶ月以内に妊娠を予定する女性、妊娠中またはその可能性のある方 / 授乳中の方 / 未成年の方 / 糖尿病、膵炎、腎機能障害、肝機能障害、心臓疾患のある方 / 体調の優れない方 / 飲酒をされている方 / BMI 18.5未満の方 / その他、医師が処方不可と判断した方

<使用する医薬品について>

GLP-1療法は日本国内に置いて保険適応になる疾患は2型糖尿病のみとなっており、当院目的でのダイエット目的での使用については国内で承認されていません。美容目的での使用は自由診療であり保険適応外です。

料金

リベルサス 3mg 12,800円/30日分
7mg 22,800円/30日分
14mg 34,800円/30日分

オンライン診療のご予約はこちら

ゼニカルはFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を得ているダイエット医薬品として世界的に有名です。主要成分はOrlistat(オーリスタット)120mgで、リパーゼと呼ばれる体内で脂肪を分解する酵素の働きを弱めることで、脂肪の吸収を抑えます。食事で摂取した脂肪分の最大30%をそのまま便中に排出します。脂肪分の多い食事をした際に、効果を発揮します。

ゼニカルの服用方法

<服用方法>

1日2~3回、1回1錠を食事中(食間ではない)または食後1時間以内に水と一緒に服用してください。
1週間に1〜2回継続的に行うと、より効果的です。

<服用時の注意事項>

※食事を摂らない場合には服用しないこと。
※一度に2錠以上の過剰摂取をしないでください。
※軽い食事の際に服用を続けるとビタミン類の欠乏を起こす可能性がある為、ビタミン剤の服用や野菜・果物類を多く摂る食事を心がけてください。

<ゼニカル副作用>

胃のもたれ、腸の不快感、便の性状変化・回数の増加など

<その他の注意点>

・脂肪や黒い油分を含んだ便が排出されます。
・排出された黒い油で便器が汚れるのでペーパーを敷くなどの対策を行なって下さい。
・脂溶性ビタミン類(ビタミンA・D・E・K・βカロテン等)の吸収が減少する可能性があるため、サプリメントの併用をお勧めします(別途:処方のご用意がございます)。
・炭水化物・糖質のカロリーはカットされません。
・食欲抑制効果はありません。

<禁忌>

ゼニカルの添加物にアレルギーがある方 / 妊娠中・授乳中の方 / 肝臓・膵臓・腎臓に障害がある方 / 吸収不良症候群

料金

ゼニカル 1カプセル 300円

オンライン診療のご予約はこちら


漢方薬は、冷え性、むくみ、膨満感、便秘など、なんとなく体調が悪いという状態を改善するのに、昔から使用されてきた歴史があります。肥満の人、体重が思うように減らない人にも、このような不調がよくみられます。

漢方の服用により、冷え症が改善されて基礎代謝量が上がると、それによって食事療法の効果が出やすくなります。むくみのある人の水分代謝が改善されると、体が軽くなり疲れにくくなります。これらの効果によって、運動療法の効果が出やすくなります。

つまり、漢方薬を食事療法や運動療法に併用することによって、ダイエットの効果が増す可能性があるのです。
当院ではダイエットに効果が期待できる漢方薬を処方しております。内科医の診察により、患者様の体質、体調に合わせて処方させていただきます。

防風通聖散

防風通聖散に含まれる「大黄」や「芒硝」には、排便促進作用があります。
「川芎」には、血流を良くし、解毒を促す効果があります。熱産生や全身代謝の活性化を引き起こし、脂肪燃焼を促進させることで体重が減少する医療用漢方薬です。

<こんな方におすすめ>

  • 体力があり、腹部に皮下脂肪が多い、固太りのがっちりタイプの方
  • ついつい脂っこいものを取り過ぎてしまう方
  • 消費カロリーよりも摂取カロリーが上回っている方
  • 便秘がちの方

<料金>

防風通聖散 1ヶ月 4,400円

<服用回数>

1日3回

防己黄蓍湯

防已と黄耆は皮膚表面に停滞している水分を取り除き皮膚表面の働きを助けます。生姜は消化器に停滞している水分を温め動きやすくします。白朮・甘草で消化器に滞った水を尿として流すことにより、水分代謝を改善します。

<こんな方におすすめ>

  • 体力は中程度〜虚弱で、色白で下肢がむくみやすい方
  • 水太りタイプの方

<料金>

防己黄蓍湯 1ヶ月 4,950円

<服用回数>

1日3回

オンライン診療のご予約はこちら

効率よく脂肪を燃焼させ、体脂肪の増加を抑える薬剤がメインで、αリポ酸、L-カルニチンなどが主成分です。αリポ酸が新陳代謝を高め、L-カルニチンが脂肪燃焼効果を高めます。冷えやむくみもとれ、基礎代謝が上がり、脂肪が付きにくい体質へと改善していきます。さらに、細胞の老化を防ぎ、アンチエイジングにも効果的です。

L-カルニチンは、肝臓で作られる特殊なアミノ酸の一種で、体内の脂肪を燃焼させる栄養素です。食事でしか摂取できない成分のため、非常に不足しやすい栄養素の1つです。また、ダイエットだけではなく、メタボリック症候群、生活習慣病の予防等にも効果を発揮します。

αリポ酸は糖の代謝を高め、脂肪へ変換させるのを防止します。αリポ酸には、活性酸素の排出を抑える効果や高い抗酸化作用もあるため、疲労回復やアンチエイジング作用もあります。αリポ酸は体内で生成することができますが、その量はごくわずかで、加齢とともにその量は減少するため、定期的に摂取する必要があります。

料金

ダイエット点滴 1回 4,650円
5回 22,500円
10回 42,500円

1週間に1〜2回継続的に行うと、より効果的です。

<副作用・リスク>

注射部位及び周囲の疼痛 / 発赤 / 皮下出血斑 / 腫脹 / 熱感 / 色素沈着 / 末梢神経損傷など

オンライン診療のご予約はこちら

ダイエットではなかなか痩せられない方、顎下や二の腕、お腹、太もも、ウェスト周りなどのパーツ痩せをご希望の方では、美容外科的施術が必要となることがあります。
当院では脂肪溶解注射やハイフ、脂肪吸引など幅広い治療メニューを取り揃えており、ご予算、ダウンタイムの有無など、患者様のご要望に合わせて、お一人おひとりに最適な治療法をご提案しております。美しいボディラインをお求めの患者様は、お気軽にご相談ください。

脂肪溶解注射

医薬品として初めて、米国食品医薬品局(FDA)により承認されたデオキシコール酸を主成分とするカベリンを使用します。脂肪溶解注射をお悩みの部位へ注射し、脂肪を溶解させて、痩身効果を得ることができます。1クール3〜5回が目安となります。

> 脂肪溶解注射はこちら

脂肪吸引

ダイエットやエステでは限界を感じている方、太もも・ウエスト・お腹・二の腕など、気になる部位を細くしたい方には、脂肪吸引をご提案します。体質で痩せにくい方でも、脂肪を落としにくい部位でも、確実に脂肪を減少させ痩身効果がえられます。当クリニックの脂肪吸引は、解剖学の知識と安全管理を徹底して行っており、ダウンタイムも短めです。貴女のボディラインを、豊富な症例経験に基づく技術とセンスでデザインさせていただきます。

> 脂肪吸引はこちら

オンライン診療のご予約はこちら


ページ上部へ