PFCメソスキン療法

PRPについて

PRPは、Platelet-Rich Plasma(多血小板血漿)の略で、血小板を多く含む血液成分です。血小板には皮膚を再生させる様々なサイトカインが含まれており、お肌の若返り治療として近年、盛んに行われるようになりました。

PFCとは

PFC(Platelet-derived Factor Concentrate)は、患者様の血液を専門の検査室で精製し、PRPの中から活性成分のみを濃縮して抽出、製剤化したものです。抽出されるPDGF量がPRPの約2倍以上となり、PRPより効果が期待できる治療になります。

自己の血液成分を使用するため、アレルギーや副作用の心配が少なく、製造過程において防腐剤を使用しないので、安心してご使用いただけます。

血液50ccで6バイアルが製造され、保存期間は約半年です。血液を採取した3週間後に来院いただき、患者様専用の製剤を注入します。まさに、患者様にとってオーダーメイドの治療になります。再生療法ですので、徐々に効果が現れ、自然な仕上がりを期待できるという特徴があります。

PFCの作用

コラーゲン・ヒアルロン酸の産生作用
血管の修復・新生作用
上皮細胞・血管内皮細胞の増殖

PFCの適応

肌質改善・シワ・たるみ・毛穴などの改善

麻酔法

当クリニックでは、麻酔クリームで表面麻酔を行った上、国内最小の極細針を用いて注入しますので、痛みはほとんどありません。水光注射での注入も選択できます。

PFCの利点

アレルギー反応がない、その他の異物を使用する場合の副作用がない、徐々に効果が出てくる

合併症、リスク

注入部の痛み、赤み、内出血、腫れなど

料金

PFC(PRPの濃縮物) 1回
細胞加工料+注入6ml 510,000

※料金は全て税別です。

ページ上部へ