施術の詳細

いわゆる団子鼻といわれる、幅があって丸みのある鼻先を細くシャープにさせる手術です。また、耳介軟骨を移植することで、鼻の高さを出し鼻先の位置を調整できます。鼻翼軟骨の切除や挙上固定、鼻柱へのstrut移植を合わせて行うことで、鼻柱の挙上や鼻先の位置を上向きや下向きに調整しすることもできます。

方法

局所麻酔を行ってから、無痛の状態で開始します。鼻の中を切開し、丸みや大きさによって余分な軟骨や脂肪を除去し、左右の離れた鼻翼軟骨を中央へ引き寄せて固定し鼻先を細くします。

合わせて行うおすすめの施術

  • 鼻中隔延長術
  • 耳介軟骨移植
  • 真皮脂肪移植
  • 鼻骨骨切り幅寄せ
  • 斜鼻矯正

リスク、合併症

腫れ、内出血、しびれ、創治癒不良、感染、糸のアレルギーなどの可能性があります。
術後3日間のテープ固定を行います。
腫れ・内出血は、1~2週間で自然に退いて行きます。

料金

鼻先形成 350,000円
自家組織移植を行う場合
真皮脂肪移植 150,000円
耳介軟骨移植 200,000円

施術の詳細

鼻中隔に自分の軟骨を移植し、鼻先を前下へ伸ばします。東洋人に多い短い鼻、上向きの鼻を修正するのに適しており、鼻先がツンとして上品な印象になります。使用する軟骨は、鼻中隔軟骨、耳介軟骨、肋軟骨で、術前の診察とカウンセリングにより決定します。

方法

全身麻酔下、オープン法で行います。鼻の中と鼻柱を切開し、鼻中隔軟骨を露出させます。採取した軟骨を、鼻中隔軟骨に下部に固定し、鼻翼軟骨を移植した軟骨に固定し鼻先を形成します。鼻の中は溶ける糸で縫合し、切開部は細い糸で縫合するため、傷あとはほとんど目立たなくなります。

合わせて行うおすすめの施術

  • 鼻先形成
  • 耳介軟骨移植
  • 肋軟骨移植
  • 鼻中隔軟骨移植

リスク、合併症

腫れ、内出血、しびれ、創治癒不良、感染、糸のアレルギー、違和感などの可能性があります。
術後3日間のテープ固定を行います。
腫れ・内出血は、1~2週間で自然に退いて行きます。
術後3ヶ月間ほど鼻先が硬くなりますが、徐々に柔らかくなってきます。
鼻先の皮膚が厚い人では、移植した軟骨が皮膚によって圧迫されて延長効果が出にくい場合があります

料金

鼻中隔延長 600,000円

施術の詳細

プロテーゼは、人工材料であるシリコンを挿入し鼻を高くする方法です。使用するプロテーゼはおもに「I型」です。
プロテーゼは、それぞれの鼻の形に合わせて幅や厚みを調整し挿入します。
プロテーゼだけでは鼻筋を通すことはできますが、鼻尖の団子鼻の解消や鼻先を細くすることはできます。それらをご希望の場合には、鼻尖形成をあわせて行う必要があります。
術前に患者様のお悩みの部位とご希望の形を伺います。クローズ法でI型プロテーゼを挿入し鼻を高くし鼻筋を通します。

方法

局所麻酔、静脈麻酔で眠った状態で行います。希望により全身麻酔でも行うこともあります。鼻の穴の内側を少し切開してプロテーゼを挿入します。切開部を縫合し、固定を行って終了です。

合わせて行うおすすめの施術

  • 鼻尖形成
  • 耳介軟骨移植
  • 真皮脂肪移植

リスク、合併症

腫れ、内出血、しびれ、創治癒不良、感染、皮膚の菲薄化、プロテーゼの移動、アレルギーなどの可能性があります。
腫れ・内出血は、1〜2週間で自然に退いて行きます。

料金

鼻プロテーゼ 300,000円

施術の詳細

小鼻の部分を鼻翼といいます。鼻翼縮小は小鼻を小さくする手術です。

方法

局所麻酔で行います。希望によって静脈麻酔、全身麻酔でも行います。鼻翼の大きさ、張り出し具合によって、鼻翼・鼻の前庭部の組織を切除します。

合わせて行うおすすめの施術

  • 鼻先形成
  • 耳介軟骨移植

リスク、合併症

腫れ、内出血、しびれ、創治癒不良、感染、糸のアレルギー、傷跡が目立つなどの可能性があります。
腫れ・内出血は、1〜2週間で自然に退いて行きます。

料金

鼻翼縮小術 450,000円

鼻への異物挿入は時に合併症が起こることがあります。例えば、シリコンプロテーゼによる隆鼻術には晩期合併症があります。これは、手術後、数年を経過して起こります。鼻の皮膚の色が変化したり、プロテーゼが移動・変形したり、輪郭が不自然に浮き出したりします。プロテーゼの周りに自然な反応でできた「被膜」と呼ばれる組織が石灰化して、しこりや凹凸、皮膚を突き破りプロテーゼが露出するなどのトラブルが生じることがあるのです。これらはL型プロテーゼの時代に多く見られましたが、I型でも時に起こることがあります。また、最近ではオステオポールが簡便な隆鼻材料として用いられていますが、位置がずれる偏位、皮膚が薄くなる菲薄化、異物の輪郭の浮き出しなどを生じることが報告されています。これらを除去し、可能な限り、形を修正する手術をご希望される場合にこれを行います。

施術の詳細

クローズ法、あるいはオープン法で異物を抜去します。異物抜去後に耳介軟骨移植や鼻尖形成を同時に行う場合はオープン法を選択します。

方法

局所麻酔、静脈麻酔で眠った状態で行います。希望により全身麻酔でも行うことがあります。異物の周囲を丁寧に剥離し、抜去します。被膜や石灰化した組織も摘出し、感染しないよう十分洗浄します。異物のために鼻の皮膚が薄くなっている方では、プロテーゼを抜去すると鼻尖や鼻背が凹むことがあるため、抜去と同時に筋膜や耳介軟骨、真皮脂肪などの自家組織を移植することを選択すべき場合があります。

合わせて行うおすすめの施術

  • 耳介軟骨移植
  • 真皮脂肪移植
  • 鼻尖形成
  • 筋膜移植、

リスク、合併症

腫れ、内出血、しびれ、創治癒不良、感染、糸のアレルギーなどの可能性があります。
腫れ・内出血は、1〜2週間で自然に退いて行きます。

料金

他院異物
(プロテーゼ・オステオポールなど)抜去
200,000円
当院異物
(プロテーゼ・オステオポールなど)抜去
100,000円

※料金は全て税別です。

ページ上部へ